睡眠時無呼吸が原因かも

2020年02月28日 健康

先日、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査の勉強会がありました。
テレビなどで指摘されている方はみていましたが、
寝るときに検査機器を装着して・・となんとなくしか理解していませんでした。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)
睡眠中に断続的に無呼吸を繰り返し、その結果、日中眠くなるなど
その他の症状も引き起こす疾患です。

いびきがすごい、目覚めが悪い、倦怠感、日中の眠気などの
症状のある方はもしかしたら・・


友人のお母様は、車の運転中の信号待ちで一瞬に眠気、寝てしまう(すぐ起きるんですが)
ということで検査を受けSASと診断されました。

自分だけが、疲れが取れないとか、いびきという問題ではないのです。
SASの合併症として高血圧、糖尿病、心疾患、胃腸障害など報告されています。

どうしたらよいの!

まずは来院いただき診療にて問診
医師が、検査が必要と診断されたら簡易検査

簡易検査って・・
自宅で検査ができます。
2晩、手と顔に自分で検査器具を装着して寝るだけ。

いつも通りの生活のまま(飲酒もOK)、痛みもなし。
検査代金は保険診療(3割負担)で3000円くらいです。

2週間くらいで結果は揃います。
来院していただき結果。(結果により診療方針が決まります。)

思い当たる方はお早めに診療をお勧めします。