こうさか日記

骨密度測定をしましょう

突然ですが、ご自身の骨密度を知っていますか?

先日、町内のイベントで、かかとを使って 骨密度測定をしてもらったところ、なんと年齢別基準値をかなり下回り骨折のリスク有!と言われ 、ショックを受けました。

骨の量が減ってると言われても、痛くも痒くもなく自覚症状はまったくありません。

骨と言うと、カルシウム、ビタミンD、ビタシンK、日光浴などを連想しますが、自分の骨密度を知って初めて、これらを気にするようになりました。

骨は、身体を支え、関節が運動の支点となったりします。
そして骨折となると一気にフレイルの状態になることもあります。

まず自身の骨密度を知ってください。
当院では、手の×線撮影で骨密度を測定する検査ができます。
年1回の定期健診などに骨密度測定を加えてみましょう。

こちらの内容もチェック

  1. 梅雨のアレルギーの原因は家の中にも

  2. 減塩のススメ①塩分摂取量を知る方法

  3. インフルエンザ大流行

  4. 今年も花粉が例年より多く飛ぶと言われて

  5. 抗体検査結果は予想外でした

  6. 睡眠時無呼吸が原因かも

最近の記事

カテゴリー