こうさか日記

今年の花粉は昨シーズンの1.5〜2倍です

今や3人に1人が花粉症です。
今年はひどいわ~とよく耳にします。


今年の花粉飛散量は昨シーズンの1.5〜2倍程度で
スギは3月ヒノキは4月がピークです。

なぜ花粉飛散量は年で違うのか?
スギやヒノキの花粉飛散量は前年夏の日照時間に大きな影響を受けます。
スギの雄花の成長には日照量や降水量が大きく影響します。
夏に晴れが多く日照時間が長いと雄花が大量につくられ翌年の春花粉の飛散量が多くなります。
またスギやヒノキは樹齢が30年以上になると多くの雄花を作ります。
現在日本にあるスギやヒノキの90%以上が30年を超え、花粉生産量がピークになっています。
また前年の花粉量が少ないと翌年は増加する傾向にあるそうです。

こちらの内容もチェック

  1. マイコプラズマ肺炎の感染増加傾向

  2. インフルエンザと異常行動

  3. 3月9日脈の日

  4. 夏に流行する手足口病

  5. 梅雨の時期の体調管理

  6. 災害用備蓄をしましょう

最近の記事

  1. 頭痛など気象病って

カテゴリー